社労士法人セルズ(東京・名古屋)では、給与計算代行、社会保険・労働保険の電子申請手続き等、人事労務に関する業務代行(アウトソーシング)を受け付けております。

お知らせ

法改正情報 出産したときに支払われる給付金の一部変更

投稿日:2015年1月6日 更新日:



D89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e m 900x600

社会保険に加入している従業員とその扶養家族が出産した場合、協会けんぽや健康保険組合に申請することで、1児につき給付金が支給される制度があります。この制度を出産育児一時金といいます。この制度は、産科医療保障制度に加入している病院は42万円、加入していない病院は39万円支給されます。(90%以上の病院は産科医療保障制度に加入しています)平成27年1月より、出産費用の動向(平均的な出産費用は増加)等を勘案して、産科医療制度に加入していないケースの支給額が40.4万円に変更されます。(加入している病院は変更なし)

出産費貸付制度

出産費用に充てるため、出産育児一時金(家族出産育児一時金)の支給までの間、出産育児一時金の8割相当額を限度に資金を無利子で貸し付ける制度があります。
対象者は、被保険者または被扶養者で、出産育児一時金の支給が見込まれる方のうち、出産予定日まで1ヵ月以内の方、または妊娠4ヵ月以上で医療機関等に一時的な支払いを要する方です。

資格喪失後の出産育児一時金

資格喪失の日の前日(退職日等)まで被保険者期間が継続して1年以上ある方が、資格喪失日から6ヵ月以内に出産したときは、出産育児一時金が支給されます。資格喪失後、被扶養者となった場合は、資格喪失後の出産育児一時金または家族出産育児一時金のどちらかを選択して受けることとなり、二重に受けることはできません。また、被保険者の資格喪失後にその被扶養者だった家族が出産しても、家族出産育児一時金は支給されません。

-お知らせ

関連記事

no image

従業員やその家族がインフルエンザに感染した場合

1月8日、厚生労働省がインフルエンザ流行のピークが目前と発表しました。特に流行しているのはA型で高齢者は重症化しやすいといわれています。 従業員がインフルエンザに感染した場合、会社は就業禁止にできます …

no image

36(サブロク)協定、特別条項とは?

最近「36協定の特別条項の限度時間が100時間」というニュースが流れていますがそもそもこの36協定とは何でしょうか?   36協定とは 36協定とは、正式には「時間外・休日労働に関する協定届」といいま …

no image

4月〜従業員100名以上の企業は注意が必要です。

民間企業には、 「従業員の人数に応じて障害者を雇ってくださいね~」 という法律があります。雇い入れる障害者の割合も法律で決まっており、従業員数50人につき1人以上雇わなければならない義務があります。こ …

働き方改革関連法〜年次有給休暇の取得義務~

クイズに全問正解したら有給チャンス?! ここ最近、「有給チャンス」なる言葉が話題となりました。 自動販売機運営大手ジャパンビバレッジ東京の支店長が、クイズの不正解者には有給を取得させなかったという労働 …

no image

震災から4年、風化させないために・・・

東日本大震災から4年が経過し、新聞、テレビをはじめ多くのメディアが当時を振り返る情報が配信されました。震災直後、電話やメールがつながらない状況下で、大きな役割を果たしたのがTwitterです。一説によ …

働き方テラス 社労士法人セルズの無料相談会

社労士法人セルズの事務所バナー

お問い合わせ(03-6712-8880)