企業の健全な発展のために

正社員、パートアルバイト、派遣労働者、出向労働者、短時間正社員、地域限定正社員、職務限定正社員、外国人労働者、高齢労働者・・・etc、
最近は色々な働き方があり、労働人口が減少していく現在、「多様な人材を積極的に活用する」というのは必須です。弊社は、色々な働き方や価値観の多様性を受け入れ、広く人材を活用して生産性を高めるためのサポートを日々研究し、日々業務を行っています。

企業の健全な発展のために欠かせない9つ

働き方の多様性(在宅勤務、短時間勤務、フレックスタイム、育児休業・介護休業の取得など)
雇用形態の多様性(正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パート社員、再雇用制度など)
働く場所の多様性(在宅、カフェ、地域限定社員、)

このような多様性を会社が受け入れるには、最低限やらなければならない労務管理があり、最低限やらなければならない労務管理は、企業の健全な発展の必須事項でもあります。

其の1 解雇をしない企業体質

どこの会社でも、会社が求める求める水準に達していない能力不足労働者が存在します。「研修や配置転換を行なっても、著しく成績が不良で活用の仕様がなく、辞めてもらうより他に方法がなさそうなヒト」でも解雇は難しいのが現状です。能力不足だから退職させて新しい人材を雇い入れる、というのではなく、社内の研修マニュアル、配置転換ルール、採用基準、などを常に見直す意識が重要です。

其の2 残業時間が月に30時間未満

残業しなければ業務が回らない、というビジネスモデルは、既に破綻しているビジネスモデルです。

其の3 残業手当を正確に支払っている

所定労働時間を超えた場合、超えた時間分を「法律で定められた方法」で1時間当たりの単価を算出し、残業手当を支払わなければなりません。

其の4 社会保険未加入者が存在しない

一般的に、契約期間の定めのない週30時間以上働く従業員は、社会保険加入です。しかし、一部のヒトが社会保険に加入していないケースは多いです。会社にとって、社会保険のコストは大きいですが、社会保険に加入していなければいけないヒトが、加入していなければ助成金は受給できません。

其の5 就業規則が整備され周知されている

最低限の社内のルールが明確化されていなければ、従業員は色々な面で不安を感じます。

其の5 研修制度が存在する会社

会社の永続には新しい事業展開が必要です。新たな仕事を行うには、新しい業務の習得が必要であり、研修、セミナー、読書が必要となります。

関連記事

社会保険労務士法人セルズ


本社(愛知県小牧市):TEL0568-73-9218
サテライトオフィス(名古屋):TEL052-307-8275
東京支社(銀座):TEL03-6712-8880

運営サイト

  1. 中部障害年金うつ病相談センター

    障害年金(障害者年金)とは、国民年金や厚生年金、共済年金に加入している人が、病気や怪我のため精神又は...
  2. 東京給与計算代行センター

    御社に合わせたフルオーダーメイドの給与計算をご提供します。
  3. 東京雇用助成金相談センター

    助成金は、雇用保険に加入している企業であれば、業種を問わず活用できます。