創業33年の実績。人事労務管理はセルズにお任せください。無料相談受付中!!

振替休日と代休の違いについてはご存知ですか?

「振替休日」とは、休日労働する日の前日までに、振り替えるべき日を指定して休日と労働日を入れ替えることです。
一方「代休」とは、休日労働が行われた後に、その代償として以後の特定の労働日を休みとするものです。


「振替休日」は、休日と労働日を入れ替えたにすぎないので、「休日に労働させた」ことにはならず、休日労働の割増賃金の支払いは必要ありません。


「代休」は「休日労働させた事実」は変わりませんので休日労働した割増賃金(3割5分)を支払う必要があります。

振替休日は原則同一週内での振替が原則になります。以下のような場合は一週間で48時間になり一週40時間を超えてしまうため、8時間に対して割増賃金(2割5分)が別途発生します。

振替休日のポイント
・就業規則に「業務の必要性に応じて、休日を振り替えることがある。」旨を定める
・事前に振り返るべき日を指定する
・同一週内で振り返るべき日を指定する

関連記事

社会保険労務士法人セルズ


本社(愛知県小牧市):TEL0568-73-9218
サテライトオフィス(名古屋):TEL052-307-8275
東京支社(品川):TEL03-6712-8880

運営サイト

  1. 中部障害年金うつ病相談センター

    障害年金(障害者年金)とは、国民年金や厚生年金、共済年金に加入している人が、病気や怪我のため精神又は...
  2. 東京給与計算代行センター

    御社に合わせたフルオーダーメイドの給与計算をご提供します。
  3. 東京雇用助成金相談センター

    助成金は、雇用保険に加入している企業であれば、業種を問わず活用できます。