社労士法人セルズ(東京・名古屋)では、給与計算代行、社会保険・労働保険の電子申請手続き等、人事労務に関する業務代行(アウトソーシング)を受け付けております。

お知らせ

4月〜従業員100名以上の企業は注意が必要です。

投稿日:2016年3月26日 更新日:



2e6c0f0c1c5cd7faf99aac262b4d34dd

民間企業には、

「従業員の人数に応じて障害者を雇ってくださいね~」

という法律があります。雇い入れる障害者の割合も法律で決まっており、従業員数50人につき1人以上雇わなければならない義務があります。この障害者の雇用義務を遵守できていない企業は、ペナルティがあります。このペナルティの制度を

「障害者雇用納付金制度」

制度といいます。従業員数200人超の事業主は、不足する人数に応じて、1名につき月額5万円(しばらくは減額特例で4万円)の「納付金」が必要です。そして平成27年4月1日からは、200人ではなく100人超の企業も対象となります。

障害者の雇用は、会社設備や就業ルールの見直し、障害者雇用推進者の選任など、受け入れるにあたって相当な準備も必要で、ハードルが高いのも事実です。障害者雇用についてご相談等ございましたらお気軽に担当者までご連絡ください。

-お知らせ

関連記事

no image

「働きがいのある企業ランキング2015」が発表

インターネット上で「在籍企業の職場環境」に対する「社員・元社員」の評価を収集しクチコミ情報として公開している「Vorkers」というサイトがあります。人材不足といわれている昨今、就職・転職の参考情報と …

東京オフィス、銀座移転及びリニューアルのご案内

新オフィスのテーマは「2つの組織をつなげる」 少しご案内が遅れてしまいましたが、昨年、弊社の東京支社が「銀座」に引越しましたので、オフィスをご紹介させていただきます。 新オフィスのテーマはズバリ「2つ …

no image

大企業病にかかった社員の特徴と対策

大企業病とは、組織の非活性につながる企業体質のことだと言われています。最近は、中小零細企業やベンチャー企業でも大企業病の従業員が増えています。そこで大企業病の社員の特徴を5つピックアップしてみました。 …

no image

50名以上の雇用している企業が必要なこととは!?

従業員数が50人を超えそうだな。50人を超えた場合、労務管理はどのようなことに気をつけなければいけない? 従業員数が50名を超えた場合、企業は対応が必要な業務、選任、報告などがあります。 今年の12月 …

no image

雇用保険の給付の支給申請期限が変更されました

定年後も働いている60歳以上65歳未満の人は、給与が定年前の75%未満に下がれば雇用保険から給付金がでるのか・・・、現在62歳のうちの従業員も利用できるだろうか? 利用可能です。手続きの申請期限は 「 …

働き方テラス 社労士法人セルズの無料相談会

社労士法人セルズの事務所バナー

お問い合わせ(03-6712-8880)