4月〜従業員100名以上の企業は注意が必要です。

2e6c0f0c1c5cd7faf99aac262b4d34dd

民間企業には、

「従業員の人数に応じて障害者を雇ってくださいね~」

という法律があります。雇い入れる障害者の割合も法律で決まっており、従業員数50人につき1人以上雇わなければならない義務があります。この障害者の雇用義務を遵守できていない企業は、ペナルティがあります。このペナルティの制度を

「障害者雇用納付金制度」

制度といいます。従業員数200人超の事業主は、不足する人数に応じて、1名につき月額5万円(しばらくは減額特例で4万円)の「納付金」が必要です。そして平成27年4月1日からは、200人ではなく100人超の企業も対象となります。

障害者の雇用は、会社設備や就業ルールの見直し、障害者雇用推進者の選任など、受け入れるにあたって相当な準備も必要で、ハードルが高いのも事実です。障害者雇用についてご相談等ございましたらお気軽に担当者までご連絡ください。

関連記事

社会保険労務士法人セルズ


本社(愛知県小牧市):TEL0568-73-9218
サテライトオフィス(名古屋):TEL052-307-8275
東京支社(銀座):TEL03-6712-8880

運営サイト

  1. 中部障害年金うつ病相談センター

    障害年金(障害者年金)とは、国民年金や厚生年金、共済年金に加入している人が、病気や怪我のため精神又は...
  2. 東京給与計算代行センター

    御社に合わせたフルオーダーメイドの給与計算をご提供します。
  3. 東京雇用助成金相談センター

    助成金は、雇用保険に加入している企業であれば、業種を問わず活用できます。