2度廃案になった派遣法、9/1よりスタート?

WS0000132

派遣労働の派遣期間は、現在、「通訳」や「ソフトウェアの開発」といった専門性が高いとされる26の業務では制限がありませんが、それ以外の業務は最長3年までに制限されています。
今回の改正案では、専門性が高い26業種特例を撤廃し、1人の派遣労働者が企業の同じ部署で働ける期間が3年に制限、としています。つまり、人を代えれば、期間の制限なく、事実上、何年でも派遣労働者に同じ業務を任せられるようになります。

労働者派遣事業の健全な育成を図る目的で、特定労働者派遣事業(届出制)が廃止され、一般労働者派遣事業(許可制)となります。また、派遣労働者の雇用の安定を図るため、派遣会社に対し、派遣期間が3年に達した場合は、派遣先の企業に直接雇用を依頼したり、新しい仕事を紹介したりすることを義務づけています。「労働契約申込みみなし制度」も平成27年10月から施行予定で、派遣業界は大きな変革期を迎えています。

関連記事

無料相談会受付中

確定拠出年金導入サポート