2度廃案になった派遣法、9/1よりスタート?

WS0000132

派遣労働の派遣期間は、現在、「通訳」や「ソフトウェアの開発」といった専門性が高いとされる26の業務では制限がありませんが、それ以外の業務は最長3年までに制限されています。
今回の改正案では、専門性が高い26業種特例を撤廃し、1人の派遣労働者が企業の同じ部署で働ける期間が3年に制限、としています。つまり、人を代えれば、期間の制限なく、事実上、何年でも派遣労働者に同じ業務を任せられるようになります。

労働者派遣事業の健全な育成を図る目的で、特定労働者派遣事業(届出制)が廃止され、一般労働者派遣事業(許可制)となります。また、派遣労働者の雇用の安定を図るため、派遣会社に対し、派遣期間が3年に達した場合は、派遣先の企業に直接雇用を依頼したり、新しい仕事を紹介したりすることを義務づけています。「労働契約申込みみなし制度」も平成27年10月から施行予定で、派遣業界は大きな変革期を迎えています。

関連記事

社会保険労務士法人セルズ


本社(愛知県小牧市):TEL0568-73-9218
サテライトオフィス(名古屋):TEL052-307-8275
東京支社(銀座):TEL03-6712-8880

運営サイト

  1. 中部障害年金うつ病相談センター

    障害年金(障害者年金)とは、国民年金や厚生年金、共済年金に加入している人が、病気や怪我のため精神又は...
  2. 東京給与計算代行センター

    御社に合わせたフルオーダーメイドの給与計算をご提供します。
  3. 東京雇用助成金相談センター

    助成金は、雇用保険に加入している企業であれば、業種を問わず活用できます。