雇用保険の給付の支給申請期限が変更されました

定年後も働いている60歳以上65歳未満の人は、給与が定年前の75%未満に下がれば雇用保険から給付金がでるのか・・・、現在62歳のうちの従業員も利用できるだろうか?

利用可能です。手続きの申請期限は 「支給対象月の初日から起算して4カ月以内」 が原則ですが、平成27年4月、厚労省より 「期限を過ぎた場合でも、時効(2年間)が完成するまでの期間について、申請等が可能である」 と公表されました。もし、以前に、申請が遅れて支給されなかったことがあった場合、時効の完成前であれば、再度申請することが可能です。定年後の継続雇用の給付金以外にも、育児休業や教育訓練給付、就業手当なども対象です。

無期転換ルールの特例について

2a3b4d061c34c11fae0063478dd372f6

関連記事

無料相談会受付中

確定拠出年金導入サポート