社労士法人セルズ(東京・名古屋)では、給与計算代行、社会保険・労働保険の電子申請手続き等、人事労務に関する業務代行(アウトソーシング)を受け付けております。

お知らせ

熱中症にお気を付けください

投稿日:



全国的に暑い日がつづいていますね。
この暑い夏に気をつけなければならないのは、熱中症ですね。

仕事中にかかった熱中症が原因で死亡する人は毎年20人以上救急搬送される人は300人以上にのぼります。
熱中症は労災に認定される場合があります。

熱中症での労災認定の基準は主に一般的認定要件もしくは医学的診断(医師によって診断された事実)要件のどちらかの基準をみたしている事が必要です。

一般的認定要件とは…
・仕事をしている時間や場所に明確な原因があること。
・その原因が体に及ぼした影響や時間から熱中症との間に因果関係があること
・そしてさらに、仕事に関係ない他の原因によって発症したものでないこと。

つまり、明らかに業務に従事していたことが原因で熱中症にかかった場合は労災認定される可能性が高いということです。

会社は労働者に対する安全配慮義務がありますので熱中症対策を行う義務を負います。厚生労働省から会社がとるべき対策として以下のようなことがあげられています。

・WBGT値(暑さ指数)を把握し、熱ストレスの低減に努める
・休憩場所を整備する
・熱に慣れ、環境に適応するための期間を設ける
・労働者がノドの渇きを感じなくても、水分・塩分を摂取させる
・労働者に、透湿性・通気性の良い服や帽子を着用させる
・生活習慣病や日常の体調不良など、労働者の健康状態に配慮する

熱中症は、屋内にいてもなる可能性が十分あります。
熱中症にかからない予防対策を心がけましょう。

-お知らせ

関連記事

no image

マタニティーハラスメントに関心が高まっています

最近よく聞くマタニティーハラスメントってどういう意味? 働く女性が妊娠・出産を理由とした解雇・雇止めをされることや、妊娠・出産にあたって職場で受ける精神的、肉体的なハラスメントです。 育児休業の終了な …

no image

「生活習慣病予防健診」の案内について

4月頃から、協会けんぽから「生活習慣病予防健診」の案内が事業所に届きます。 「生活習慣病予防検診」とは、35歳以上75歳未満の「被保険者本人を対象」にした健康診断です。 費用は受診する健診機関によって …

no image

従業員やその家族がインフルエンザに感染した場合

1月8日、厚生労働省がインフルエンザ流行のピークが目前と発表しました。特に流行しているのはA型で高齢者は重症化しやすいといわれています。 従業員がインフルエンザに感染した場合、会社は就業禁止にできます …

ねんきんネット登録のおススメ

今月から年金の受給資格が25年から10年に変わりました。 ご自身の年金記録が気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか? 現在日本年金機構からスマートフォンやパソコンで、「年金記録」や「年金見込試 …

no image

雇用保険の給付の支給申請期限が変更されました

定年後も働いている60歳以上65歳未満の人は、給与が定年前の75%未満に下がれば雇用保険から給付金がでるのか・・・、現在62歳のうちの従業員も利用できるだろうか? 利用可能です。手続きの申請期限は 「 …

働き方テラス 社労士法人セルズの無料相談会

社労士法人セルズの事務所バナー

お問い合わせ(03-6712-8880)