社労士法人セルズ(東京・名古屋・小牧)では、就業規則の作成、社会保険・労働保険の電子申請手続きや給与計算を台帳を使用しスピーディーに行なっています。

お知らせ

法改正情報 出産したときに支払われる給付金の一部変更

投稿日:2015年1月6日 更新日:



D89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e m 900x600

社会保険に加入している従業員とその扶養家族が出産した場合、協会けんぽや健康保険組合に申請することで、1児につき給付金が支給される制度があります。この制度を出産育児一時金といいます。この制度は、産科医療保障制度に加入している病院は42万円、加入していない病院は39万円支給されます。(90%以上の病院は産科医療保障制度に加入しています)平成27年1月より、出産費用の動向(平均的な出産費用は増加)等を勘案して、産科医療制度に加入していないケースの支給額が40.4万円に変更されます。(加入している病院は変更なし)

出産費貸付制度

出産費用に充てるため、出産育児一時金(家族出産育児一時金)の支給までの間、出産育児一時金の8割相当額を限度に資金を無利子で貸し付ける制度があります。
対象者は、被保険者または被扶養者で、出産育児一時金の支給が見込まれる方のうち、出産予定日まで1ヵ月以内の方、または妊娠4ヵ月以上で医療機関等に一時的な支払いを要する方です。

資格喪失後の出産育児一時金

資格喪失の日の前日(退職日等)まで被保険者期間が継続して1年以上ある方が、資格喪失日から6ヵ月以内に出産したときは、出産育児一時金が支給されます。資格喪失後、被扶養者となった場合は、資格喪失後の出産育児一時金または家族出産育児一時金のどちらかを選択して受けることとなり、二重に受けることはできません。また、被保険者の資格喪失後にその被扶養者だった家族が出産しても、家族出産育児一時金は支給されません。

-お知らせ

関連記事

ITに強い社労士事務所が銀座に参りました!

下記事務所が移転致しますのでお知らせ申し上げます。今後につきましても変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 < 移転日 > 平成30年9月1日 < 移転先 > 〒104-0061 東京都中 …

no image

定年後の継続雇用制度を取り入れている企業様へ

60歳で定年を迎える従業員のAさん、このまま継続して継続して働いてもらいたい。定年を迎えた従業員を継続して雇用する場合、どういったことに気をつければいい? 定年後も継続して雇用する場合、1年単位の雇用 …

no image

ジョブカードの発行ならセルズにお任せください

正社員経験の少ない人を対象として、対象者の職務経歴や学習歴、職業訓練の経験、免許・資格などを「ジョブ・カード」と呼ばれる書類にとりまとめ、企業における実習と教育訓練機関における学習を組み合わせた職業訓 …

no image

ストレスチェック 実施期限2016年11月末日 せまる!

2015年12月1日より企業における「ストレスチェック」の実施が義務付けられましたが、第1回目の実施締め切りは2016年11月30日となっております。 今回対象となるのは、「常時50人以上の労働者を使 …

ねんきんネット登録のおススメ

今月から年金の受給資格が25年から10年に変わりました。 ご自身の年金記録が気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか? 現在日本年金機構からスマートフォンやパソコンで、「年金記録」や「年金見込試 …

働き方テラス 社労士法人セルズの無料相談会

社労士法人セルズの事務所バナー

お問い合わせ(03-6712-8880)