従業員から妊娠の報告を受けた時の個別面談

D89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e m 900x600自社の従業員が妊娠をした場合、退職、出産による休職、育児休職、職場復帰の4つのケースを考えます。退職の場合は新しいスタッフの雇い入れを考えるだけで構いませんが、職場復帰の場合は、各それぞれの家庭環境もあり、就業規則や会社が指定するルールでは職場復帰しづらいかもしれません。そんなときは、まず個別面談して、本人がどのような職場復帰イメージをもっているかを確認するのがおススメです。

出産前の休職はいつから取得したい、
体調面で周囲にどのように配慮してほしい、
職場復帰後、労働時間を短くしてほしい、残業を免除してほしい、

など本人の希望をかなえられるかどうかは別として、まずは本人の要望を確認します。円滑な職場復帰には、妊娠報告時点や職場復帰2ヶ月くらい前に本人としっかり話し合うことが必要不可欠です。
妊娠をしたスタッフとの面談シートを用意しましたので、妊娠の報告を受けた際などに役立ててください。

WS0000111

関連記事

社会保険労務士法人セルズ


本社(愛知県小牧市):TEL0568-73-9218
サテライトオフィス(名古屋):TEL052-307-8275
東京支社(銀座):TEL03-6712-8880

運営サイト

  1. 中部障害年金うつ病相談センター

    障害年金(障害者年金)とは、国民年金や厚生年金、共済年金に加入している人が、病気や怪我のため精神又は...
  2. 東京給与計算代行センター

    御社に合わせたフルオーダーメイドの給与計算をご提供します。
  3. 東京雇用助成金相談センター

    助成金は、雇用保険に加入している企業であれば、業種を問わず活用できます。