社労士法人セルズ(東京・名古屋)では、給与計算代行、社会保険・労働保険の電子申請手続き等、人事労務に関する業務代行(アウトソーシング)を受け付けております。

お知らせ

定年後の継続雇用制度を取り入れている企業様へ

投稿日:2015年5月13日 更新日:



60歳で定年を迎える従業員のAさん、このまま継続して継続して働いてもらいたい。定年を迎えた従業員を継続して雇用する場合、どういったことに気をつければいい?

定年後も継続して雇用する場合、1年単位の雇用契約で年毎に契約更新を行うスタイルが一般的です。気をつけるポイントは、平成25年4月以降、1年毎に契約更新して更新回数が5回を超えた場合、本人は無期雇用契約を希望できる制度です。定年後も1年毎の契約で働く従業員がこの制度を利用すると、65歳以降に無期雇用契約を希望して、70歳以降も就労可能となります。 この制度は、平成27年4月以降、労働局に所定の手続きを行なうことで、5回契約更新を繰り返しても継続して1年毎の契約更新が可能になります。継続雇用制度を利用している企業は、労働局への手続きを検討してみてはいかがでしょうか。

無期転換ルールの特例について

B058f4b6091de05d54b3135e4f098488

-お知らせ

関連記事

no image

大企業病にかかった社員の特徴と対策

大企業病とは、組織の非活性につながる企業体質のことだと言われています。最近は、中小零細企業やベンチャー企業でも大企業病の従業員が増えています。そこで大企業病の社員の特徴を5つピックアップしてみました。 …

no image

振替休日と代休の違いについてはご存知ですか?

「振替休日」とは、休日労働する日の前日までに、振り替えるべき日を指定して休日と労働日を入れ替えることです。 一方「代休」とは、休日労働が行われた後に、その代償として以後の特定の労働日を休みとするもので …

no image

平成29年4月1日施行 雇用保険改正について

雇用保険料率の引き下げ 雇用用保険料率は以下に引き下がります。 失業等給付の拡充 所定給付日数が以下のように変更されます。(黄色部分 平成29年4月1日以降) 所定給付日数を特定受給資格者と同様にする …

no image

企業の健全な発展のために・・・【労務通心】平成28年10月号

顧問先様への情報提供サービスの一環として、弊社は本サイトに事務所会報誌を掲載しています。 配信させていただく内容の中には、お仕事や法律には一切関係のない記事もございますが、お時間のあるときに気楽に読ん …

no image

2度廃案になった派遣法、9/1よりスタート?

派遣労働の派遣期間は、現在、「通訳」や「ソフトウェアの開発」といった専門性が高いとされる26の業務では制限がありませんが、それ以外の業務は最長3年までに制限されています。 今回の改正案では、専門性が高 …

働き方テラス 社労士法人セルズの無料相談会

社労士法人セルズの事務所バナー

お問い合わせ(03-6712-8880)