セルズの「GoodJobポイント」制度について

2019年01月30日

一緒に働いている同僚、仲間に対する 「ありがとう」「Goodjob」「すごい」という気持ちは組織力を高めます。
「ありがとう」「Goodjob」「すごい」というお互いがお互いを認め合える組織にするために、その気持ちを形にするための仕組み、それが「Goodjob ポイント」です。

「Goodjobポイント」制度 とは

私たちセルズでは、一緒に仕事をしていて「ありがとう」「Goodjob」「すごい」と感じたら、社内チャット「Goodjobポイントルーム」で気軽に呟きます。

「○○さん、いつも■■に気を付けてくれてありがとう」というように

そうすると、Goodjobコメントを投稿した人と、Goodjobを送られた人 双方にポイントが付くことになります。
弊社では、月間Goodjobポイント を毎月集計していて、1位の方にはささやかなプレゼントを贈呈しています。

なんのために「Goodjobポイント」制度を導入したか

「人事評価では、見過ごされてしまうGoodjobも大切にしたい。」という思いからです。

Goodjobポイントは、人事評価が「期間」なのに対して、「時点」です。
そして、「ありがとう」「Goodjob」「すごい」と感じたものは、どんなことでもOKです。

人事評価はある一定期間の評価で、「出来たか・できなかったか・貢献度はどうか」というような評価になりがちです。評価項目を設けるということは、裏を返せば評価項目に設定されていない行いについては評価されない事態になります。

人事評価制度は、モティベーションを向上させるために構築し導入するのに、その人事評価制度によって動きを制限してしまうというパラドックスは、多くの経営者・人事が直面する悩みではないでしょうか。

Goodjobポイント制度の効果は?!

「Goodjob」「ありがとう」「すごい」をGoodjobポイントという形にすることで社内に3つの効果をもたらすと考えています。

[3つの効果]
1. 他部署・他グループ・他拠点メンバーの功績を知ることができる
2. 改めて「Goodjob」「ありがとう」を伝えることで、気持ちが伝わる
3. 批判するところを探すのではなく、素晴らしいところを探すというマインドに

Goodjobポイント導入についてお考えの企業様 ご相談下さい

弊社では、Goodjobポイントというネーミングですが、「ありがとうポイント」とか「社名ポイント」とかネーミングは自由です。導入自体も難しいものでは決してありません。
社員同士が褒め合う文化を作りたいとお考えの場合は、「弊社コンタクトフォーム」より是非ご相談下さい。

2019年01月30日