ストレスチェック 実施期限2016年11月末日 せまる!

2015年12月1日より企業における「ストレスチェック」の実施が義務付けられましたが、第1回目の実施締め切りは2016年11月30日となっております。

今回対象となるのは、「常時50人以上の労働者を使用する事業場」にとどまっており、これに該当しない事業所においては努力義務となっています。しかしながら、国は今後の目標として「メンタルへする対策に取り組む企業の割合を100%とする」としており、労働者50人未満の事業所も無関係の話では決してありません。

これまでは、健康不全の早期発見、早期対処という2次予防や、職場復帰支援・再発・再燃の防止という3次予防に注力してきた経緯がありますが、メンタル不調は一度発症すると治癒に長期間かかる・職場復帰後再発が起こりやすく2次・3次予防では根本的な解決となりません。そこで、メンタル不調になる前に未然に防ぐ目的で行われるがストレスチェックであり、積極的な健康の保持増進という1次予防になります。
ストレスチェックは、個人情報の取り扱いが難しい・従業員が受けたがらないなど実施に踏み切るハードルが高いかもしれませんが、問題を先送りにするほどに深刻度が増していくのがメンタル不調。今後腰を据えて取り組んでいきたいですね。

ストレスチェックの実施締め切りが11月30日までということで、労働基準監督署への報告は11月以降でも大丈夫です。

関連記事

無料相談会受付中

確定拠出年金導入サポート